解決!土地の有効活用!松本市 でのオススメ

長野県

松本市での土地活用法のホントのホント!

バブルの頃・・・

日本の国土は狭い・・・

なので「土地は、持っているだけで良い

下手に「土地活用などしたら

値上がりしたときに売りにくい・・・」

今では、とても考えられない話ですが、これ過去の実際です。

そう!バブル時は「土地の有効活用」は寝かせることでした・・・(笑)そもそも土地活用の方法などを相談する必要がなかった時代でした。

でも現在・・・そうは問屋が降ろさない。

 

土地は保有しているだけで多くのコストがかかります。多くの方が「どうしよう?どうしたら・・・」と土地という大切な資産の活用の方法に困っています

今や土地は持っているだけでは値上がりしたり、価値を生むことが難しい資産になりました。それどころか「固定資産税」や「都市計画税」など土地や建物に課税でかなりの重税感を感じているはず。土地活用 税金

土地は、大切な資産です。

その活用方法について成功と失敗は紙一重。大きな投資に踏み切るのか・・・人生最大の決断が必要です

土地の有効活用で失敗しないために!おすすめの方法を経験者として!その秘訣をここに記します。参考になれば嬉しく思います。

その1.土地の運用より売却という選択肢・・・

土地の活用って考えなければならない事柄が実に多い。しかも税金や法律など難いことが多い面倒なモノです。

それが嫌なら、いっそ売却して現金に換えれば面倒から逃げることはできます。

ただし、売却すればしたで、思うような価格では売れず、売れたら売れたで 5年を超えて持ってたとしても譲渡所得に対し(所得税が15.315%+住民税が5%)20.315%が課税されてしまう。

それでも保有期間が5年以下の場合より、はるかにマシ。この場合は短期譲渡所得となるので(所得税が30.63%+住民税が9%)なんと4割!39.63%も税金に持っていかれてしまう・・・驚!

これ以外にも印紙税や仲介手数料も必要になってきたり・・・もう笑うしかありません。不動産にこれだけ色々な税金や費用が必要な国は世界でも珍しい・・・笑

それでもいい!と納得して売ったとします。

で、その後はどうしますか?貯金したところでウマミがある利息なんて無理ですよね。下手して投資などしようものなら、すべて失う危険すらある。

それなら現金(貯金)で置いておく!。でも気が付くと減っている・・あればあるで使てしまうモノなんですね・・・お金って。

土地活用の選択肢

  •  土地の運用ではなく、売却で得られるものは少ない!
  • 売却すると約20~40%の税金が課せられる
  • 更に仲介料や、印紙税が必要
  • 現金化しても預金利率低く、運用には大きなリスク、次第に目減していく可能性も

はっきり言って売る選択肢は無いと思います・・・笑

今、土地は値上がりの期待もできず、売ることもできず。単に持っているだけでは税金の網から逃げることもできず・・・結果として土地活用のおススメは、上手く運用するしかないのです。

 

土地有効活用の相談!資産を守り、活かす!

こうなれば覚悟を決めて「土地を活用する方法」を考えてみましょう。

土地活用 試算

 

土地活用とは、所有している土地にお金を稼がせ、利益を上げて、しかも税金を減らす一石二鳥や三鳥になるような方法を探すことです。持てる者として、しっかり土地活用に向き合うことが大切。

土地を有効に活用して利益を上げる経営者としての立場。一方、保有し続けるための節税に努める財務的な立場。そして、土地の権利を守る法的な立場。これら3つの立場で判断する必要があります。

  • 経営者的見地
  • 節税という税務的見地
  • 相続や賃貸等、貸す場合の法的見地

申し遅れました。

私は、過去ある全国チェーン店の立地開発部という部署に所属し、全国に店舗を展開する仕事をしていました。不動産の専門資格である宅地建物取引主任者の資格も有しています。

立地開発部の仕事は、土地や建物をご所有されている方々に店舗と土地活用 店舗してお貸し願えないかとの交渉を行う役目です。要は土地や建物の有効活用を提案する側の人間でした。

加えて有効活用する側として会社の土地を有効活用するためにマンションを建築、賃貸したり、倉庫を建てて賃貸したり、借りる方、貸す方といった両面から有効活用を経験している人間です。

社有地は現在のところ表面利回ですが13.75%で回っています。自分の土地ならどれだけ嬉しいか・・・笑

そこで!土地活用でお悩みをお持ちの方に、何を、どう、誰に相談・・・どんな活動を始めれば良いのか、そのオススメをお知らせしましょう

私自身は土地活用の業者でもなんでもありません。単なる経験者です。なので可能な限り第三者的な目線で客観的に参考にしていただけるよう記したつもりです。

話を戻しましょう!

その昔、土地有効活用というとアパートやマンションといった住宅系か、駐車場、店舗ぐらいしかなかったものです。時代は進み、今や色々な選択肢がありますね。

以下は、土地活用の一例です。ここでは土地活用の王道であるアパートマンション。そして、最も手軽、とりあえず取り組める駐車場経営についてお話しましょう。

  • アパート、マンション経営
  • 駐車場経営
  • テナントビル経営
  • ロードサイドテナント貸
  • コインランドリー
  • 資材置き場
  • 貸し倉庫
  • トランクルーム
  • 高齢者用住宅
  • その他、色々・・・

土地有効活用の王道!アパート・マンション

土地の有効利用として外せないのが今も昔も「アパート、土地活用王道とはマンション経営」です。まさに土地活用の王道中の王道!

実際、土地活用の中ではアパート、マンションがダントツのトップです。・・・何故?

それは有効利用として分かりやすく、アパートを所有している、マンションを所有している!という満足感や達成感。

そんなの全くないと言われる方もおられますが実際に竣工してみると誇らしいものです。世間的な見栄や自慢も多少あるが、それは後の話。

何と言っても次のようなメリットで決断したと言われる方が多いです。それは・・・

土地活用でアパート、マンションの利点は「節税メリット」

アパート・マンションは、土地を保有する面から見てこれ以上に節税になる方法はありません。

他人に貸すことで土地の評価を下げて税金を安くするという手法です。

他人に貸せば貸した方に住む権利が発生し、土地の所有者が自由に使えない状態になります。つまり土地の評価が低くなるということ。

以下のような基準で固定資産の評価額が減ります。・・・6分の1はすごいですね。

 他人に貸せば「土地の固定資産税」が減ります!

  • 小規模住宅用地
    住宅1戸当たり200平方mまでの部分:「小規模住宅用地」として固定資産税が6分の1
  • 一般用住宅地
    住宅地の200平方mを超える部分:「一般用住宅地」として、固定資産税が3分の1

更に所有している土地や建物が、市街化区域にあると「都市計画税」も課税されます。

と言っても市街化調整区域では、アパート・マンションなどは立てられないので土地活を相談したいとお考えのあなたは、必ずこの都市計画税も固定資産税に合わせて課税されています(涙)

都市計画税にも建物を建てた場合の優遇があります。

 他人に貸せば「建物の固定資産税」が減ります!

  • 200㎡までの部分:固定資産評価額×1/3
  • 200㎡を超える部分:固定資産評価額×2/3

土地活用は相続税対策に最強

相続対策!この税制メリットがよくフォーカスされています。

簡単に説明すると相続税って亡くなった方の財産を基に計算されますよね。実は、借金があれば例え負債であっても、財産なんです。引き継ぐ必要があります。

相続は、良い部分だけを受け継ぐことはできません。そこを逆手に取ったのがアパート、マンション建設。いうなれば無理に借金を作って資産総額からマイナスすることで相税の元となる金額を減らして節税する方法です。

 

土地の相続 アパマン

 

ただ建築時期はよく考えましょう。

借金は、返済すれば減っていきますから、あまり前に対策しすぎると控除できる借金の額が減ってしまい、うま味が減ってしまいます。

それでも税金面で評価額が下がるというメリットは受けることができます。上手くいけば固定資産税を6分の1に、都市計画税は3分の1に評価額を下げることできるのです。

相続税対策と、合わせてがんじがらめの土地の税金が下がるという面では非常に有利だと思います。

まとめ/土地の有効活用でアパート・マンションを建てるメリット

賃貸住宅を建築して土地を有効活用する場合

  • 毎月、現金収入が得られる経営メリット
  • 税務上、土地の保有コストが下がる(※賃貸住宅を建築した場合に最大)
  • 相続税を減らす効果

つまり、土地を受け継ぐための相続税対策をお考えの場合、土地活用のおススメは、このアパート・マンションほぼ一択になってしまうということです。

収益を得て、土地保有の税金が安くなり、借金で相続財産の評価を下げることができるからでした。

他の方法は、投資リスクは少ないものの、相続税の対策としては効果は低いと言えます。税制メリットも受けにくいですね。

それではマンション、アパートについて気を付けたいことを考えてみましょう。

アパート・マンションは、見かけの収支にご注意

パート・マンションは、メリット多そうですが注意も必要です。

確かに相続税も大切ですが、その前に収益が発生しなきゃ元も子もないということ。人が集まらないような場所なら相続税や税金が安くなっても意味がない。

投資として意味のないものになれば、結局のところ損をしかねません

 

・・・果たして収益が上がる立地なのか?

どうしても自分では良い方向に考えがち。逆に悪く考えすぎる方もいらっしゃいます。建物を建てるとすると数千万円から場合によっては数億もの金額が必要となります。

冷静になって土地を観察しましょう。

    • 駅からの距離や、所要時間
    • 生活の利便性(日用品、生活用品、食料品を購入できる店舗までの距離、時間)
    • 最寄り駅の性格(急行列車の停止の有無)
    • 都市の中心部までの時間的距離
    • 周りの同業者の状況(ライバルになる賃貸住宅の有無など)
    • 周辺人口と道路付け

この他にも色々なチェックポイントがありますが、すべてが良ければ最高ですがそうもいきません。土地活用 相談

例え、それなりであったとしても、それをカバーできるポイントをどう表現できるかが大切です。

つまり、駐車場や建物(デザインや性能、メンテナンス性など)、そして間取り、設備などの魅力をどれだけ出せるかが勝負です。

どうすれば「ココに住みたい!」と、思ってもらえるのか・・・ということ。

 

さあ、ここで難問です!

アパート、マンションが土地活用のおススメ!王道であることは分かったが、ここから先!誰に何をどう相談すれば良いのか!それがこの記事の大切なノウハウの部分です。

その方法は、実に簡単です。・・・プロに頼むのです。素人がどれだけ頑張っても勝てる世界ではありません。ここは上手く利用するのです。

プロを利用する??

そうです!土地活用で最も大切な市場性の調査。市場調査を無料でプロに任せる方法があります。以下のようなサイトから申し込めば数社からコンタクトがあります。

大切なのはコンタクトじゃなく、それらの会社が出してくる資料です。できるだけ多くの会社から資料をもらってください。なぜなら比較することが可能になるからです。

絶対に避けて欲しいのは → (×)CMで見たからと1社にお願いすること。

相手になめられてしまいます。

口とは裏腹、絶対といってよいほど良い条件は出しません。比較されないので業者側にとって都合の良い内容を出してきます。かと言って、こちらもプロではない。どこが不都合なのか見わけが付かないですよね??言われるままになっていまう・・・これは避けねばなりません!

だから複数の業者なんです。

このような比較サイトから申し込めば「比較される前提である!」ってことを業者が最初から分かっているので無茶な(良すぎる)資料は出してこなくなります。

資料を見比べて比較することで必ず見えてきます!それをぶつけ返すことで見えてくるものがあります。人生最大の投資です。しっかり見極めるためにも多くの業者を巻き込みましょう。

 

とかく日本人は控えめ・・・

「申し訳ない・・・」という気持ちになりがち!

 

何かと遠慮しがちですが一個人にとって、大きな投資(借入)を行う事業であり、相手は大きな会社組織です。まったく遠慮など不要。

しかも、このようなサイトを利用していれば断るのも簡単です。安心して相談を依頼してください。私のおススメは以下のサイト!優良な業者が300社も集まり、実績もある信頼できるサイトです。

▼オススメ

土地の有効活用/注意すべきは投資利回り

市場調査を依頼すると色々なプランや収益を提案してくれます。中でも注意したいのは投資利回り。これに各種費用は含んで計算されているか?!

家賃収入を総投資額で割ったもので単純利回りといいます。

実のところ、単純利回りは概要なのであまり参考になりません。実際の保有コスト、運営コストといった実態を考えて計算しなきゃ意味がないからです。

相手は当然ながら契約して欲しいという事情があり・・・できる限り儲かるように、そして問題なく経営できるような良いな数字を作ってくるものです。

計算には、最低でも以下のような経費を入れて計算して欲しいところ。最低限、収入で資金が回るか否かを判断して欲しいのです。

  • 所得税
  • 住民税
  • 事業税
  • メンテナンス料(積み立て)
  • 管理費
  • 入居率
  • 結果として利益(手元にいくら残るのか)→ 投資利回り

資料を厳しくチェックして、数字の妥当性など遠慮なく相談しましょう。彼らは妥当性のある数字を知っていますが、聞かれなければ答えません。

こちらの得が多いように甘めに計算してくるはずなのです

土地の有効活用で提案に惑わされないために

妙に良い投資利回りで良く見ると大切な項目が抜けていること等、比較することで見る目を養てください。けして難しくないです。

まずは、ラインマーカーを持って複数の会社から得た資料で、こちらにあるのに、あちらにはない等、「ある・ない探し」をしてみましょう。次に共通してあるものは、「数字を比較」する

土地活用 相談おかしかったり、違っていたり、抜けていたり、不明があったり、疑問があれば何でも、何度でも聞けばよいのです。「ちょっと教えて!」と電話でも良いでしょう。

それに応えるのが彼らの仕事なんですから!

建物の建築コストが高かったり、次項にて記す入居率が良すぎたり、賃料を高止まりさせすぎていたり数字を作っていないかチェックしましょう。

それで誠意のない会社も分かります。そうした会社から切っていけば良いのです!

土地活用/注意したいのは入居率

収支について、大切な収入の根拠となるのは入居率。

この数字を100%~90%で新築から何年も引っ張った試算などは、さすがに無いと思いますが、たとえ新築時、都心部であっても最初から90%、3年ほどで70%、5年も経てば60%程度。10年もたてばかなり危うくなってくるなど厳しい計算を見込んでおく必要があると思います。

なぜ年数がたてば入居率が下がるのか・・・

施設が古くなるからだけではなく、所在地の周囲に新築が建つことも考えなければなりません。どうやって長くメリットを訴えることができるのか、そして長期的にどのような施策を考えてくれるのか!そんな見解を相手に相談することも大切です

とにかく収支表でじっくり比較されることをおススメします。見比べることで入居率が下がり始める年数や、家賃設定など企業の考え方が見えてきます。

ただし、入居率が良いから良い会社ではなく、他と比べてなぜ良いのか、それは何故なのか納得できるまで質問しましょう。

それは、デザインであったり、住宅としての性能であったり、間取りであったり、設備かもしれません。もちろん、駅からの距離や、周辺施設など立地条件にも左右されるでしょう。

繰り返しになり恐縮です。大切なのでもう一度。

たとえ面倒でも多くの会社に相談することをおススメします。多くの提案を受けましょう。そして、比較してその根拠を確認することが大切です。

厳し目のことを最初から示してくる業者は、良いことばかりの業者より信頼できそうですが、商品力の差や募集する力があるのかもしれません。

とにかく最初は、先入観は禁物です。知名度やCMなどは無視してください。

私が交渉した大手の会社は、全て良い内容ばかりでしたが一社は、償却が終わるまで自信が無いと辞退してきました。驚きましたね。この立地はそんなにまずいのかと・・・

その営業マンに「なぜ辞退するのか?」教えて欲しいと聞いたところ、立地は悪くないが、自社の建物価格が高いため採算が合わない・・・もっと安価で良いな案件があるので・・・そこを探されたらとヒントをもらえました。厳しい住宅業界でもそんな良心的な会社もあるんですね。

土地活用は色々な会社に相談することをおススメします

アパート、マンションを建てるとなるとどうしてもハード面。デザイン云々や知名度に視線が行きがち。その意味でCMなどに惑わされず、フラットな気持ちで色々な話を聞くべきです。

土地活用 方法 相談

資料をもらった。説明に来てもらった。親切だった・・・すべて関係ありません。遠慮など不要です。色々な情報を知ることが土地有効活用の近道です。

何度も申しましたが色々聞くことで知識が増えます。会社によって話が違うかもしれません(違うはずです)比較すればそれに気が付くようにもなります。

投資利回りや、入居率な以外でも、気になることは各社に同じ質問をして、その回答や対策を聞いて知識を増やしましょう。

アパート、マンションは土地活用の王道です。収益を上げ、税金を下げ、相続対策にもなる。しっかり確認し、より良い投資になることを応援しています!

一番下でもご紹介していますが右のような便利なサイトを利用すれば一度に多くの優良な会社に打診できるだけでなく、何といっても競争ということが分かっているため、

    • 各社、ライバルがいるので真剣になります。
    • 比較されていることを理解して資料を作成します。
    • しかも3点セット!
    • 土地活用プラン、市場調査、費用見積もりといった判断材料を入手
    • 全て「無料」で入手することができます

お申し込みは、簡単です。サイトから分かる範囲で入力して送信するだけ。不明な点は相手の業者が調べてくれます。相手はプロです。不明点をどんどん「相談して不明点を無くす」ことが早道です!

この項の最後になりますが比較は喧嘩ではなく、自分の土地の市場性を理解すること。そして良心的な業者を見極めること。目的である収益、コスト、節税という3本の柱を実現するための会社を選ぶために相談を繰り返すことです。

土地活用は、多くの会社と相談するということ。比較を通して見切る会社と真に相談ができる会社に分けていきましょう!

 

 

土地活用/駐車場ビジネス

土地活用で最も手軽なのは駐車場経営でしょう。

この駐車場ビジネス。その利点は、何といっても投資が少ないこと投資が少ないということは当然リスクが低い。言うまでもなく、アパートやマンションなどのように上物を建築する必要がないことで手軽に始めることができます

また、アパート・マンションのように入居者に法的な権利が付くこともありません。

土地は持っているだけで税金が発生する。何か活用できればと考えて当然ですが、いきなり大きな投資もできない。将来的な計画のイメージもできていない。そんな方に合う土地活用が駐車場ビジネスです。

土地活用 駐車場

 

更地であれば整地するだけ。上物がないので、将来いつでも新たな土地活用を始めることができます。それまでの間のつなぎとして手軽な土地活用として面倒がありません

ただし、投資が少ないということは相続対策として大きな効果は望めません同様に、税金を抑えるためという目的での土地活用の場合には、あまり効果は期待できないと言えます。

 

  • 投資額が少なくリスクが低い
  • ビジネスとして手軽に取り組める(収益が発生する)
  • 相続税対策としてはやり方次第(ただしアパートマンションには劣る)
  • 保有する税金コストは優遇が無くなるため高くなる
  • 将来的な土地活用のつなぎや転用には最適

駐車場を運営されている方は、いつかは他の方法で有効活用したいとの意識をお持ちなのではないでしょうか。空いている土地が駐車場になっていることは多いですね。

知らない間に駐車場だった土地にマンションやアパートが建っていることも良くあります。その逆は、あまりないですね。マンションやアパートが更地にして駐車場になることは少ないです。あっても一時的なものです。

投資として最も費用が掛からないのは平置き駐車場です。駐車場経営 土地活用駐車場というと最近は、タイムスや、リパークなどのコインパーキングがあちらこちらで見かけられるようになってきました。

これは企業がオーナーから土地を借り上げてコイン式駐車場の装置一式を取り付け運営する仕組みです。土地の賃貸収入が入る方式です。

  • 自ら投資は不要。毎月決まった賃料が見込める。
  • 設備や投資は会社がしてくれる。
  • 管理の手間もかかりません。
  • ただ、その分少なめですが安定した収入が得られます

ただし、どれだけ駐車場が繁盛してもオーナーが貰える金額は一定です。

最も良いのはスーパーや、パチンコなどの駐車場として借上げがあれば長期に回ると思います

特に注意してもらいたいのは立体式の駐車場です一見、小さな土地に多数の駐車場を確保できる良い手段のように思えますが投資と手間、メンテナンスや管理が必要で新築で作るメリットは少なくおススメできません

私の会社自身がタワーパーキングのオーナーでしたが非常な手間とメンテナンスが必要で手放した経緯もあります。

一般的な駐車場ビジネスは手軽で低投資ですが、土地に係る税金の軽減は無いので立地にもよりますが税金まで考えて実行する必要があるでしょう。

いずれにしても、こちらもアパマンと同様、複数の業者から話をしっかり聞いて自分の想いやプランにあった方法を選択すべきです。自らだけの知識で選択するのは避けた方が無難です。

土地の保有コストが高くなっています。

土地の相場は、よほどの一等地でなければ上向くことは難しい状況でありながら固定資産税や都市計画税は残念なことに下がりません。税金という保有コストが高いため土地は持っているだけでは「金食い虫」になってしまいます。

収入のない地を持っていることが難しい時代です。かといって売却して運用を考えても現在の金利ではうまみがありません。いずれにしてもこれからの土地は売るか(良い選択肢ではありませんが)、駐車場など低リスクで利用するか、建物を建築して賃貸するかビジョンが必要です。

土地の保有コスト下げ、土地にお金を稼がせるには、土地活用が必要でしょう。

  • 土地は、貸すことで税金という保有コスを下げる可能性に満ちています
  • 土地は、貸すことで収入を上げることができます
  • 土地は、貸すことで土地の評価を下げることもできます(ポイント!)
  • 土地の保有コストを減らし、相続まで視野に入れるなら建物を建てたり
  • 土地の保有コストをそこそこ減らして、多少の収入も得るなら駐車場

ただ、非常に重要なことは、自分が納得いくまでしっかりと調べなければなりません。誰に聞いたからとか、耳にしたからとか、CMで見たからとか、このサイトを含めてインターネットで見たからと独自で判断するのは避けた方が良いと思います。

どうしても情報が偏ってしまいます。

繰り返し申し上げていますが、できるだけ多くの事業者と接触すべきだということです。

私自身もマンションを建築するときには、多くの会社の担当者と会って話を聞きました

 

土地活用方法 相談

 

まずは気持ちをフラットにして色々な会社の提案を聞いてみましょう。色々聞くことで知識も増えます。比較することでポイントも見えてきます。

実は、私も最初はテレビでCMをしている大手に興味を持っていました。説明を聞いたり、モデルハウスにも行きました。さすがに資料は豊富。演出もスゴイの一言です!

しかもパンフレットも豪華です。モデルハウスで体験できる性能は凄く、素晴らしい。コレならと思う内容でした。

でも私が最終的に決めたのは、中小のアパートです。これは良い悪いではなく、収支や立地、メーカーのコンセプトなど、色々な面で検討して決めました。

私が実感したのは、最初の思い込みとは違っていたということです。

多少面倒かもしれませんが、建物を建てるとすれば大きな投資が必要になります。駐車場でも色々な業者が存在します。思い込みやCM、認知度だけでは後悔しかねません

その意味で以下のようなサイトは非常に便利だと思います。一軒一軒調べて、いちいち問い合わせるのも面倒ですし、どうしても知っているところを主体にしてしまいがちです。

  • しかも単独で素人が接触すると舐められかねません。
  • 比較させることで初めて真剣な資料。真剣な見積もりや調査が出てくるのです。

そのため私が土地活用でご相談を受けた場合にお答えしているのは、以下のような複数の会社から一括で資料を得ることができるサイトを利用することです。

これは比較前提ですから、会社側も真剣になります。私がここまで記した内容に合っている方法で損をしない方法でもあります。

良いと思うのは「収益化を図るための資料を無料で得ることができる」ということ。各社の視点を比較できる。100万件以上の実績のあるサイトで、大手から中小まで200社ほどが名を連ねているので好都合です。

土地活用、まずはプロが作った資料を比べましょう。そこから得るモノが必ずあるはずです。

資料を得て進むもよし、思いとどまるもよし。別な案を検討するものも良いでしょう。こういったサイトを上手く使って知識を深め判断力を養うことが大切です。

  1. 実績のある比較サイトです。(110万件の実績、200社以上が登録)
  2. 収益を最大化するため、土地活用プランが無料で貰える
  3. 収益を最大化を目的に収支計画を無料で試算してくれる
  4. 収益を最大化できるか活用を予定地の市場調査を無料で行ってくれる
  5. 松本市で収益を最大化するための活用方法を極めましょう!

 

土地活用で絶対失敗しない

多くの提案を受けることで、その土地に合った活用方法を効率的に知ることができ、比較することで「損をすることを防げます!」。どんどん相談してみましょう!

上のオススメサイトは、どちらも同じサイトです。アパート、マンション、駐車場と色々な業者からの情報がここだけで完結する便利なサイトです。もちろん調査や提案は全て無料!利用しない手はないと思います。うまく使えばご自身の確たる判断基準が生まれます

しかも、比較するのでプランの優劣や、各社ごとの調査。そして、何より投資としての基準が生まれるので損をしにくくなります。

  • しっかり比べて納得した上で結論を出すことがオススメ1
  • 土地活用は入口が肝心!
  • 相談する相手を間違えると失敗しかねません。頑張りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました